仕事にやりがいを感じなくなってしまった時の対処法5選!

ちょうさ
こんにちはちょうさです。転職エージェントとして3000人位の転職のお手伝いをしてきました。

 

仕事にやりがいがない、そもそもやりたい事が何なのか分からない。

そういう人って多いですよね。

 

でもそれは多くの人が抱えている悩みであって、貴方だけが特別な訳ではありません。

むしろやりたい事を見つけて、それをやっている人の方が圧倒的少数派です。

 

 

今回は、

 

  • やりがいを感じない理由って何?
  • やりがいを感じない仕事を続けてしまうとどうなる?
  • やりがいを感じない時の対処法って何?

 

この辺りの疑問にお答えします。

スポンサーリンク

仕事にやりがいを感じられない理由

 

正直やりがいを感じない理由って、十人十色、千差万別だと思っています。

貴方が『やりがいを感じない』と思ったらそれが答えだと思います。

 

東洋経済によると、

 

 

日本の平均所得は上がったものの、30~40代の給与所得を比べると10年前と比べて、

先輩たちが同年代のときにもらっていた額よりもはるかに少ないというデータがあります。

 

給料が全てでは無いものの、同じ仕事をしていて昔より給料が下がれば誰だってモチベーションは下がり、やりがいも無くしてしまいます。

 

これは貴方だけの悩みでなく、日本全体が成長していないことも要因の一つです。

そもそも仕事がつまらない

そもそもつまらない仕事に就いていたらやりがいを見出すことは難しいです。

 

エージェントとして働いていたときの経験だと、

 

ちょうさ
『なかなか決まらずに妥協して就職した』、『給料や待遇だけで選んでしまった』

 

 

こういった方がやりがいを見出せずに苦労をされていました。

 

就職や転職の時には、お給料や福利厚生も大事ですが、やりがいの部分も必ず意識しましょう。

 

やりがいが見出せないと転職を繰り返す傾向にあります。

また、つまらない仕事を続けることで精神的に疲弊してしまうので注意が必要です。

仕事の成果を認めてもらえない

人間には社会的欲求という欲求が備わっています。

家族や組織から受け入れられたいという欲求で、心理学者マズローが定義しています。

 

仕事は人生の半分以上の時間を費やすことになります。

そこで自分が認められないことはかなりのストレスになります。

 

自分が評価されない状態が続くと、やりがいを見失いがちです。

目標・目的を見失っている

仕事に目標・目的を持って取り組んでいる人はどれくらいいるでしょうか?

 

ちょうさ
エージェント時代にこの問いに答えられる人は圧倒的に少数派でした。

 

 

この状態が続く事がやりがいを徐々に無くしていきます。

 

仕事で見出せない方は、副業でも構いませんので何か目標を持つ努力をしましょう。

 

人生の半分は仕事です。

どうせやるなら、目標を持ってやり切った人生の方が楽しいです。

キャリアアップが目指せない

昔ながらの日本企業にありがちなのですが、新卒で一括で採用して横並びでスタートを切ります。

 

役職のポジションは数が限られているから、ほとんどの人がその椅子に座る事ができません。

実力主義なら良いのですが、気に入られると出世する、ゴマを擦ると出世するという企業は未だにあります。

 

ちょうさ
私が最初に就職した会社では、ボランティアポイントがありました💦
休日にボランティア活動をすれば出世コースに乗ります。

 

 

などなど、実力だけではどうしようもならない問題も多くあります。

そういった場合に戦意を喪失してやりがいを感じなくなります。

 

自分ではどうしようもない場合はキャリアを見つめ直すのも良いと思います。

 

スポンサーリンク

つまらない仕事を続けると?

精神的・肉体的に疲弊する

言うまでもなく心身ともに疲弊します。

この状態が続くとモチベーションが下がり、精神的にも病んでしまいます。

 

少し前であれば、『みんなやりたくない仕事をやってるんだから』と言われ殆どの人が仕事を続けていたと思います。

 

この意見を否定する訳ではありませんが、新しい仕事がたくさん生まれている世の中では、それが正しいとは限りません。

 

広い視野を持って自分の仕事が人生の半分をつぎ込む価値があるか見直すのもありです。

時間が経過し転職が不利になる

やりがいのない仕事を続けて時間が経過すると、転職が不利になる可能性があります。

転職は30歳を過ぎた頃から、非常にシビアになってきます。経験やスキルがないとなかなか受かりません。

 

やりがいのない仕事をずるずる続けて、何のスキルも身に付かず30歳を迎えて、いざ転職を考えても、遅い場合があります。

無駄に時間を過ごすのは非常に勿体ないです。

 

可能な限りやりがいのある仕事を早く見付けましょう。

仕事にやりがいを感じなくなった時の対処法5選

仕事にやりがいを感じなくなってしまった時の対処法5選を紹介します。

ずるずる働いてしまうよりも、勇気を出して行動することをオススメします。

 

変わりたいなら行動あるのみですよ!

その会社にいて貴方にメリットがあるか考える

今の会社に勤めて貴方にメリットがあるか考えてみましょう。

ここが1番重要なポイントです。

 

  • 将来性があるのか?
  • 給料は上がっていくか?
  • スキルは身につくのか?
  • 市場価値は上がっていくのか?
  • 家庭も充実するのか?

 

貴方の人生においてメリットが多いと断言できるなら今の会社にいても大丈夫です。

メリットが無い場合はキャリアを見直してみましょう。

仲間を見つけて仕事に取り組む

やりがいの無い仕事でも、仲間を見付けて取り組むと楽に取り組めます。

やりたく無い仕事を続けるメリットとしては、

 

  • 忍耐力が身に付く
  • 精神力が身に付く

 

精神論ですが、このようなメリットもあります。

 

1人で抱え込むと追い詰められてしまうことも、仲間と一緒なら乗り越えられます。

もし辞められない状況であればこのような方法もありですよ。

何の為の仕事か考え直す

当然ですが、殆どの方は生きていく為の仕事と答えます。

生きていくお金を稼ぐために殆どの人は働いています。

 

働く理由がそうだとしたら、やりがいのない今の仕事を続ける理由は何になるのでしょうか?

 

おそらく、

 

  • 生活の変化がめんどくさい&怖い
  • 生活水準を変えたくない

 

こんな感じだと思います。

 

何のための仕事かをしっかり考えれば、今の仕事でなくても大丈夫だと思います。

 

人生は一度きりです。やりがいのない仕事を続けるのは非常に勿体ないです。

必要なのは一歩進む勇気です。

仕事を少し休んでみる

ちょうさ
私は会社には属していないフリーランスです。
会社員を辞めて思ったことは、視野が広がり充実した日々を送れるということです。
会社に雇われてないと不安という方もいると思いますが、会社を辞めると覚悟もできます。
会社を辞めれない人は、少し休んでみると良いです。
会社勤めで毎日せかせか働いていては、小さな喜びに気付かなかったり、器の小さい人間になってしまいますよ(笑)
休むと必ず違った視点が身に付きます。

転職する

やりがいを感じず、将来性にも不安がある人は転職も一つの選択肢です。

そのままずるずる会社にいると、歳だけを取って良いことはありません。

 

思いきって転職もありだと思いますよ。

 

転職はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

では今回はこの辺りで、See you next time!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事