【失敗しない】Web広告運用の仕事に就きたいときの会社の選び方
スポンサーリンク

ちょうさ
どうもちょうさです。転職エージェントとして3000人位の転職のお手伝いをしてきました。マーケティング会社でデジタルマーケを経験し、今はテック系のベンチャー企業で働いています。
今回はWebマーケティングの仕事の1つ、広告運用の仕事の選び方について書き留めておきます。
私はかなりの大手企業に在籍していたので、様々な広告運用に携わることができました。
誰もが知っているアプリの広告運用や、おじいちゃんおばあちゃん向けの健康食品の運用、大手企業の月間3000万円を超えるような広告の運用などいい経験を積ませてもらいました。
どっちか言うと大手企業でぬくぬくと働くのは嫌いなタイプなのですが、大手企業ならではの信用の高さゆえ、たくさんの案件が舞い込んできて経験を積むにはいい機会だったと思っています。
今回はWebの広告運用の仕事がしたい方が、どんな基準で会社を選ぶべきかについて書き留めておきます。

 

web広告運用の仕事の選び方ですが、いくつかあると思っていて、

  • 専門性の高さ
  • 案件の豊富さ
  • 企業規模

 

 

こんな基準で選ぶと失敗しないと思います。

専門性の高い企業かどうか

まずは会社の専門性の高さが重要です。

例えば、電通、博報堂、サイバーエージェントなんかは広告の専門家で、web広告はもちろんですが他の広告にも強いですよね。

 

でもweb広告運用って、フリーランスでやっている人がいるくらいなので、誰でもできます。

名もない小さな会社でもできるし、事業の片手間でやっている企業も存在します。

 

ある程度広告を専門としている会社に就職する方が成長ができるので見極めが必要です。

案件の豊富さ

案件の量も重要になってきます。

広告専門の会社に在籍していても、グループ企業の運用案件ばかりをこなすオペレーションセンター化した会社も存在します。

 

そういった企業では広告運用の業務に携われるものの、同じ案件をずーっとやることになります。

ジャンルの案件をこなさなければ成長できないので、案件の豊富さはかなり重要です。

結論大企業がいい

結局のところ、専門性が高く案件が豊富にあるのって大企業になってしまうんですよね。

 

僕は大企業はそんなに好きではないのですが、web広告運用の業務に関していうと大企業が圧倒的に有利な環境にあると思っています。

 

参考までに広告業界の売り上げランキングを紹介しておくと、

 

1位株式会社電通5兆1468億円
2位株式会社博報堂1兆4662億円
3位株式会社サイバーエージェント4785億6600万円
4位株式会社ADKホールディングス3528億5100万円
5位デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社2083億4200万円
6位株式会社ジェイアール東日本企画1208億円
7位株式会社大広1156億円
8位株式会社東急エージェンシー1063億8925万円
9位株式会社オプト899億5300万円
10位株式会社アイレップ809億7541万円

 

こんな感じになっています。

 

この辺りの大企業に入ることができれば、申し分ないと思いますね。

 

  • 広告運用に強いエージェント

 

あと、参考までに広告代理店に転職するなら上記サイトへの登録がお勧めです。

 

知っている大手転職エージェントばかりですが、大手に入るなら大手を使った方が効率出来ですね。

スポンサーリンク

Web広告運用の仕事の選び方の注意点

Web広告運用の会社を選ぶときに注意する点がいくつかあって、

  • 小さすぎる会社は厳しい
  • BPO化した企業も厳しい

 

 

こんなことに気を付けるべきですね。

小さすぎる会社は厳しい

広告運用を行なっている会社で、小さすぎる会社は厳しいです。

まず案件獲得が難しく、その後も価格競争に陥った場合は大手に勝てる見込みがありません。

 

また、現在国内には5000社以上のネット広告代理店があると言われており、有象無象が進出している業界でもあります。

ある程度大手とか信頼に値する会社を選ばなければ安定的な仕事が降ってこない可能性があります。

BPO化した企業も厳しい

よく広告運用の会社で、運用業務のみを切り分けて部署を作ったり分社化したりしているところがあります。

これは、広告運用全体の流れが分からなかったり、クライアントとコミュニケーションを取らなかったりするのであまりおすすめなやり方ではありません。

 

基本的に一気通貫で運用をやっている会社に就職する方が、成長は早いように思います。

 

 

以上が、web広告運用の会社の選び方についてでした。

 

 

広告運用についてもっと詳しく知りたい方は下記を参考にしてみてください。

 

 

 

それでは、See you next time!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事