転職エージェントからブラック企業ばかり紹介された時の対処法

ちょうさ
こんにちはちょうさです。転職エージェントとして3000人位の転職のお手伝いをしてきました。
転職エージェントを使って転職活動をしている時に、
  • どこの媒体にも掲載しているブラック企業を紹介された。
  • なんで希望していない求人を紹介してくるの?
こんな経験ないでしょうか?
他にも、転職エージェントや転職サイトからのメールが全くマッチングしていなくて、迷惑メールと変わらないと思う人も多いと思います。
これらってなぜ発生するのでしょうか?
大きな理由は2つあって、
  • 転職エージェント側に問題がある
  • あなたのスキルが不足している

 

 

この2つです。
詳しく解説していきます。
転職エージェントからブラック企業を紹介されるのは、大きく分けて2つの理由があります。
  • 転職エージェントに問題がある場合
  • あなたのスキルに問題がある場合
この2つです。
まず大前提として、ブラック企業や多くの求人媒体に露出している企業って受かりやすいんです。
でも、応募が集まらないんですよね。
だから転職エージェントとしては、応募したら高確率で受かる企業に応募者を誘導したくなります。
転職エージェントもボランティアではありませんので、採用することで得られる成功報酬のお金を得られなければ成り立ちません。
簡単な図解を参照してください。
転職エージェントの仕組み
ここをまず理解して読み進めてみてください。

転職エージェントに問題がある場合

転職エージェントからブラック企業を紹介されるのは、転職エージェントの担当者がダメな場合があります。
当然民間企業なので、転職エージェントにはノルマとか予算があります。
  • 月に何人の内定者を生み出したか
  • 月に何人の採用者を生み出したか
  • 月にいくらの売り上げを生み出したか
こんな感じです。
数字に追われた転職エージェントは、あの手この手で受かりやすい企業に誘導します。
これが、転職エージェントに希望もしてない求人やブラック企業を紹介される本質です。

ちょうさ
転職エージェントやってたから分かる裏側ですね…
こんなエージェントなら担当を変えてもらうか、他の会社のエージェントを使いましょう。
はっきり言って時間の無駄なので、今すぐ使うのを辞めても良いと思いますね。

あなたのスキルに問題がある場合

ここもしっかりと理解しておきたいポイントです。
転職の要望をエージェントに伝えると思うんですが、それに見合うスキルを持っていない人が多かったです。
私も多く経験したのですが、スキルが見合っていないのに要望だけ多いと紹介できる求人はありません。

求職者
土日祝休みで、残業が無くて、有給が取れて、ホワイトで、事務職で、安定している企業が良い!
本当にこんな感じで相談を受けていましたので、転職市場の説明をしても理解してもらえないことも多かったです(笑)
自分のスキルと、やりたい仕事に必要なスキルはしっかりと理解しておきましょう。
分かりやすく言うと、市場価値と自分の価値を客観的に判断できるようにして、転職には挑みましょう。
スポンサーリンク

転職エージェントからブラック企業ばかり紹介された時の対処法

転職エージェントにブラック企業を紹介される2つの理由を紹介しました。
その対処法は、下記2点です。
  • 転職エージェントを変える
  • 自分のスキルを磨く
詳しく解説します。

転職エージェントを変える

担当を変えてもらうのもアリですが、酷い目にあったエージェントなら他に行った方が良いです。
自身の数値ノルマ達成の為に、変な求人を紹介するエージェントなんて、僕は絶対に使いたくないです(笑)
転職エージェントはかなりの数があるので、自分に合ったものを選択してOKです。
選び方が分からない人はこちらを参考にしてみてください。自分に合った転職エージェントが見つかるはずです。

自分のスキルを磨く

転職エージェントに重宝されるくらいのスキルを身につければ何も心配はないです。
ただ、最近思うのが市場で必要とされるスキルって日々変わっていて、ちょっと前まではプログラミング身につければ食っていけますって感じでしたが、今は少し変わってきています。
motoさんのnoteとツイートが非常に考えさせられました。

市場というのは常に需要と供給で成り立っている。未経験の自分が動画編集スキルを少しだけ出来る人材になったところで、この先のキャリアにおいてどれほどの勝算があるだろうか。

未経験からプログラミングを覚えたり、動画の編集スキルを身に着けるのも良いと思うが、プログラミングや動画編集をできる人が世の中にどれだけいるかは調べた方がいい。

『何のスキルを身に付けるか』『市場でどれくらい必要とされるのか』『市場にどれくらいそのスキルを身に付けている人がいるか』
これは自分で調べて決めていきたいですよね。
多くの人が身に付けているスキルって供給過多になってしまって、市場の原理原則で価値が下がってしまいます。
そこを見極めて、供給よりも需要の多い分野で力をつけるべきですね。
それが自分自身の市場価値を上げ、安定した給料を得る近道だと思います。
それではこの辺で、See you next time!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事