リクルートエージェントの評判ってどうなの?実際に使ってみた感想

ちょうさ
こんにちはちょうさです。転職エージェントとして3000人程の転職のお手伝いをしてきました。

 

今回はリクルートエージェントという、日本一の転職エージェントについて解説します。
長年エージェントとして働いてきましたが、リクルートエージェントは最強です。
そして実際に転職する時にかなりお世話になりました。
リクルートエージェントは転職活動をするなら、必ず登録すべきエージェントですよ。
  • この記事でわかること
  • どこに登録すれば良いか分からない
  • リクルートエージェントって何?
  • 他社のエージェントとどう違うの?
  • リクルートエージェントのメリット・デメリットって何?

リクルートエージェント

リクルートエージェントの評価

求人数
(5)
使いやすさ
(4.5)
求人の質
(4.5)
対応の質
(4.5)
総合評価
(4.5)
ここがおすすめ理由
  • 求人数が業界No.1でやりたい仕事を見つけやすい
  • 全国隅々までカバーしているので地方でも充分活用できる
  • エージェントの対応の質が良く、定期的に満足度調査があり担当変更も可能
  • 老若男女利用することができる

 

リクルートエージェントは株式会社リクルートキャリアが運営している転職エージェントです。

知名度も高く日本国内No.1の転職エージェントです。

求人数、転職成功実績で圧倒的に日本一です。

 

 

もちろん求職者は無料で利用できるので、気軽に登録ができます。

何に登録したら分からない人は、まずリクルートエージェントで問題ないでしょう。

他のエージェントと求人数の比較

他のエージェントと求人数の比較をしてみます。

転職エージェントの求人数比較
  1. リクルートエージェント 約20万件(内非公開求人10万件)
    • doda            約9万件(内非公開求人3.5万件)
    • マイナビAGENT              約4.5万件(非公開数不明)

    2位のdodaとも圧倒的な差があります。

    求人数が多いと言うことは、自分がやりたい仕事が見つかる可能性がグッと上がります。

     

    転職エージェントによっては、『紹介できる求人が無い』と言われることも少なくありません。

    求人数が多いと転職活動にはかなり有利に働きます。

     

     

    リクルートエージェントであれば、求人数も豊富なので自分にぴったりの仕事も見つかるはずです。

    業界屈指の求人数、求人の質を誇りますので、転職を考えている人は必ず登録することをおすすめします。

     

    スポンサーリンク

    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの評価

    求人数
    (5)
    使いやすさ
    (4.5)
    求人の質
    (4.5)
    対応の質
    (4.5)
    総合評価
    (4.5)

     

    国内No.1の求人数を誇る為、求人数は評価が高いです。

    その他、使いやすさ、対応の質も申し分ない結果となっています。

     

    求人の質、対応の質についてはTwitterでの口コミを元に解説します。

    実際にTwitterで記載された内容ですので、参考までにご覧ください。

    リクルートエージェントの良い評判

     

     

    担当者にもよるとは思いますが、リクルートエージェントは一定の質が担保されているように思います。

    私が使用していた時は、定期的に担当満足度調査のようなメールが届いていました。

     

     

    リクルート満足度調査メール

     

     

    こういったクオリティーチェックのメールが頻繁に送られてきましたので、私自身は満足してリクルートエージェントを使えました。

     

    『エージェントの質が悪い』と言う評判に対して、一定の対策をしていて、さすがリクルートだなぁと思いました。

     

    万が一担当に不満がある場合は変更もできるので、求職者目線で対応できている印象でした。

    リクルートエージェントの悪い評判

     

     

    当然のように悪い口コミも多く散見されました。

     

    転職エージェントは、求人掲載だけではお金はもらう事ができません。

    求職者が採用されて初めてお金をもらえるという成功報酬型で運営されています。

     

    求職者が採用された場合、その人の年収の20%〜30%を貰うというビジネスモデルです。

     

     

    その為求職者が採用されなければ、お金を全く貰えないので転職エージェントは焦って対応したり、急かしたりする対応をしたり、受かりやすい求人を紹介したりします。

     

    そこが低評価の主な原因です。

     

    求人サイトのビジネスモデルの理解は内定を貰う上で大事な事です。

    転職エージェントについて詳しく知りたい方は下記を参考にしてみてください。

    リクルートエージェントの悪い評判を鵜呑みにして使わないのは損

    リクルートエージェントの悪い評判もあるのですが、やはり国内No. 1の転職エージェントなので使わないと損です。

    もし嫌な対応をされた場合には、担当を変える、直接言い辛い場合はクオリティーチェックのメールに返信すると言った形で担当を変えてもらいましょう。

     

    また、担当エージェントと良好な関係を築いていたほうがメリットが大きいです。

    非公開の求人や、特別な求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

    その他にも、給与交渉にものってくれます。

    エージェントとは良好な関係を築くようにしましょう。

    リクルートエージェントを使うメリット・デメリット

    リクルートエージェント前章では口コミからの評判を記載しました。

    本章では私がエージェントとして長年働いたから分かる、リクルートエージェントのメリット・デメリット記載します。

    リクルートエージェントを使うメリット

    リクルートエージェントを使うメリット
    • 求人数が多いので紹介される求人が多い
    • 複数の求人を比較検討できる
    • 年代を問わず老若男女使える
    • 大都市だけでなく地方でも充分使える

    求人数が多いので色々な方の選択肢が増えるのが1番の魅力です。

    例えば、

     

    • やりたい仕事が見つからないから、エージェントに紹介してほしい
    • 地方に住んでいるから、求人が少なく選べない

    こういった悩みも、求人数が多ければ解決できますよね。

    同業他社求人の比較もリクルートエージェントなら容易にでき、より条件の良い会社も見つける事ができます。

     

    また、年齢層も20代〜50代までカバーできるのも大きなメリットです。

     

    求人数が多ければ転職成功率は飛躍的に上がりますよ。

    リクルートエージェントを使うデメリット

    リクルートエージェントを使うデメリットと言うよりは、エージェントを使用するデメリットになりますが、

    リクルートエージェントのデメリット
    • 担当によって当たり外れがある
    • 希望外の求人を紹介される
    • 担当の電話がしつこい
    • 内定辞退すると責められる

     

    これはどこのエージェントに登録してもつきまとう問題だと思ってください。

    担当に問題がある場合は、素直に変えてもらうように言いましょう。

     

    リクルートエージェントの場合は先ほど紹介したような、クオリティーチェックのメールもきますのでそちらで伝えるのも良いでしょう。

     

    また希望外の求人の紹介や内定辞退の場合ですが、こちらも先ほど述べたように成功報酬型のビジネスモデルなので発生してしまうリスクは拭えません。

    その場合もしっかりと自分の意思を伝えて、エージェントとしっかりコミュニケーションを取りましょう。

    リクルートエージェントだけでなく、どこのエージェントでもつきまとう問題です。

    リクルートエージェントはこういう人にお勧め!

    今まで述べてきたように、リクルートエージェントは求人数No.1、転職成功実績No.1の日本一の転職エージェントです。

    求人数が多ければ、やりたい仕事を見つけやすくなりますし、どこに住んでいても利用できます。

    リクルートエージェントはこういう人におすすめ
    • 大都市はもちろん、地方在住で求人を探している人
    • たくさんの求人をみて比較したい人
    • 年齢の壁に当たっている人
    • やりたい仕事が漠然としている人

     

    リクルートエージェントを使えばこれらの問題は解決できるはずです。

     

     

    転職を考えている人は是非使ってみてくださいね。

     

    以上になります。

    他のおすすめの転職サイト・転職エージェントを知りたい方かこちらをご覧ください。

     

     

    みなさんの転職が成功することを祈っています。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事