未来を変えるなら今を変える【未来は今の延長線上にしかない話】

ちょうさ
どうもちょうさです。転職エージェントとして3000人位の転職のお手伝いをしてきました。マーケティング会社を経て、テック系のベンチャー企業で働いています。
円安で物価の高騰やインフレが騒がしい世の中ですね。
給料が上がらないのに物価が上がったり、貧乏だと嘆いても仕方ないので、思考を巡らせて行動をするしかないな~と思うこの頃です。
悲観しても現状は変わらない訳で、楽しみながら将来に備えるしか無いですよね。
今回は不安な未来を変えたい、現状を打破したい方の参考になる内容です。
一瞬にして人生を変えるとか不可能な訳で、日々の延長線上に未来がある訳ですから、毎日を変えなければいけないですよね。更に年齢が上がれば上がるほど変えにくいのも事実でして、20年生きてきた人の思考や癖と、40年生きてきた人の思考や癖って、前者の方が改善しやすいのは明らかです。
変えられるのは自分と未来で、過去と他人は変わらないので、未来を変えたければ行動しかないですよね。
  • 日々の行動が少しづつ未来を変える
  • 稼いでる人と話してみる
  • ITの力を借りる

日々の行動が少しづつ未来を変える

人生一発逆転みたいな話はなかなか無いですよね。

追い込まれている人ほど、逆転ストーリーに賭けるみたいな人が多いですが、コツコツやるしか未来を変える方法はないし、それが1番の近道だったりします。

 

日々行動しているのに、結果が伴わないことなんて当たり前で、『ダイエットしているのに痩せない』って経験あると思います。何事も即効性はなく、3ヶ月は継続しないといけないです。

 

3ヶ月後の自分を想像して淡々とやりましょう。

稼いでる人と話してみる

自分より稼いでいる人と話す機会ってありますか?

 

会社の上司や先輩ではダメで、全く違う領域で稼いでるプレイヤーと話すと刺激をもらうことができます。

 

中卒で1度も会社に雇われたことのない人が億り人だったり、全く仕事をしないでトレードだけで利益5000万円とかあげている人がいます。

住んでいる世界が違いますが、その人達は我々の貧しい世界も知ってるし、稼いでいる人たちの世界も知っています。
如何に広い視野を持って、情報を収集するかが大事です。

ITの力を借りる

未来を変えたいのであれば、今の世の中を変えまくっているIT系の仕事に就いてみるのもおすすめです。

この業界は平気で世の中の常識を壊してくるサービスを作りまくっていて、自分の固定概念を変えてくれます。

 

将来的にも安定しているし、スキルも身に付くのでIT系の仕事に就いてみるといい発見があります。

色々なサイトがありますが、上記2つでほぼIT系の求人が網羅できますね。

スポンサーリンク

絶望から未来が明るくなった話

 

 

僕も未来が不安で仕方がないタイプの人間だったのですが、一歩踏み出すことで徐々に未来に光が見えてきました。

 

最初はダブルクリックすらできないトラックの運転野郎でしたが、今は何とか多少のプログラミングができる程になりました。

雑魚から普通の人になった

22歳からトラック運転手として働いており、何のスキルも知識も持たない雑魚野郎でした。

 

26歳頃に、このままじゃいけないと思いIT系に転職しました。ITスキルは全くのゼロでしたので、2年間は仕事漬けでした。

 

この会社で、東大卒で弁護士でSEの上司、早稲田卒で教員で帰国子女で野球のドラフトにかかった上司の2人と対面し雑魚っぷりを再確認しました。

 

自分よりハイスペックの人達が懸命に努力している姿を目の当たりにし、やる気に火がついたのを覚えています。

先ほどと共通するのですが、自分より稼いでいたり、自分よりスペックが上の人と仕事をすると格段にレベルが上がります。

普通の人からちょっと稼げる人になった

この会社の経験から、ITスキルを身に付け副業を開始しました。

 

有名な人みたいに数百万は稼げませんが、少しだけ稼げるようになりました。

 

ちょうさ
やっぱり何事も諦めずにやらなきゃいけないな〜と深く実感しました。

何歳からでも一歩踏み出すことが大事

その後もマーケティングの会社に転職したり、副業を手広くやったり色々な経験をしました。

 

そこで実感したのが、未来を変えるなら一歩踏み出して今を変えることです。
逆説的ですが、未来は今送っている日々の延長線上にしかなく、未来を変えたいなら今を変えるしかないのです。
何か迷っていることがあれば、やってみる→やってみたら経験値となり次に活かせます。
人生はその連続のように思う、アラサーの呟きでした。
  • 現状を変えるなら行動する
それでは、See you next time!!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事