Web広告運用でフリー ランスってどうなの?将来性と収入について

ちょうさ
どうもちょうさです。転職エージェントとして3000人位の転職のお手伝いをしてきました。今はwebマーケティングの会社で広告運用をしています!
今回はWeb広告運用でフリーランスになれるのか、将来性とか収入はどうなのかについて書き留めておきます。
私は会社勤めではありますが、広告運用を生業としています。
フリーランスで広告運用をしている人や、広告運用コンサルとして企業と契約を結んでいる知人がいますが、現状は問題なく食えている感じですね。
年収700万とかでした。
フリーランスで独立しても、充分な暮らしができる額ですね。
でも、そう遠くない将来は状況が変わると思います。
間違いなくAIや自動化の波がくるし、コンピューターの方がビッグデータを使って人間より広告効果を出すことができると考えられているからですね。
この辺も混じえて、Web広告運用についての将来性について考えてみます。

 

結論、Web広告運用でフリーランスになることは可能です。

 

ただ、どのポジションを取るかで稼げる稼げないが大きく変わってしまいます。

Web広告運用でフリーランスは可能です

Web広告運用のフリーランスは可能で、フリーランスで活躍している知人もいるし、クラウドソーシングでもたくさん見かけます。

 

ただ、それなりの実績がないとフリーランスになって案件を受注するのが難しいです。

 

会社員として実績を積むか、Webマーケティングの学校に通うとかで実績を積まなければ厳しい業界です。

 

全くの素人の方がいきなり稼げるって業界ではないので、そこは注意が必要です。

 

  • Web広告運用の受注ができるクラウドソーシング
  • クラウドワークス 業界界最大手のクラウドソーシング。少ロッドの広告運用がたくさんありますので受注しやすいです。
  • ランサーズ  ランサーズも業界大手。広告運用の案件が豊富で直接企業と取引できるチャンスもあります。
  • ココナラ  受注しやすさはNo. 1、金額感は大きくないですが気軽に始めるならココナラ一択ですね。

 

稼げる人稼げない人がいる事実

ここがめっちゃ大事なんですが、フリーランスになって稼げる人と稼げない人がいます。

 

 

クラウドソーシングを見てみると、時間単価で売り込みしている人がめちゃくちゃ多いですね。

時間単価¥1,500〜¥2,000(時給)とかで受注している人がいます。

 

 

これはバイトと変わらないし、本当に良くないですね。

 

価格競争に巻き込まれて、結局ワープアな賃金で労働をしているんですから。

 

こういう形態って副業でやっている人が多いのだと思いますが、副業でも自分の時間を¥1,500で切り売りしているだけですから、一生抜け出せない構図になります。

 

 

 

だから、どのポジションで働くかがめっちゃ大事なんです。

 

 

基本的にBtoBで契約を巻いた場合、Web広告運用は運用費の20%を貰うロジックが一般的です。

 

多少の価格競争が起こり、ディスカウントがあるにせよ15%は貰いますね。

 

 

しかし、クラウドソーシングは殆どが広告の実運用を時給1,500円でやっているだけの人が多いです。

ここはマジで勿体ないです。

 

 

実作業は時給1,500円の価値しかなくても、実作業によって得た広告運用の実績数値により価値があるんです!

 

広告運用の数値から導き出せることって多くて、その導き出した数値を元に企業にコンサルするのが1番儲かるんです。

 

 

1番儲かる部分を捨てて、広告の実運用するだけなんて勿体無いです。

 

 

実運用は作業の域を出ないので、時給1,500円とかになってしまいます。

 

 

もし実運用だけしている人は1度企業にコンサルの提案してみましょう。

 

 

実はこの施策を回した方が効果的にCV獲得できます』とか『CPA低廉化の為にキャンペーン施策増やしましょう』とか『この商材は他の媒体の方が親和性高いので他にも出してみませんか』とか切り口は何でもOKです。

 

運用だけでなく、他も巻き込んで貴社売り上げに貢献しまっせ、的なことを話してみましょう。

それがまず時給1,500円から抜ける第一歩ですね。

 

 

ここがWeb広告運用で稼げる人と稼げない人の差ですね。

 

  • Web広告運用に興味が出たら
スポンサーリンク

Web広告運用フリーランスの将来性は厳しい

これは私が実際に広告運用をやっていて感じることなのですが、運用業務は間違いなく自動化の波がきているし、将来的には人がほとんどいらない分野になると思いますね。
実際今も自動運用ってあるんですが、精度的にはいまいちですかね。
まぁ、遠くない将来は精度も上がって人が不要になることには変わりはありません。
んじゃ、この業界でどう食っていけばいいかって話になると思うのですが、前章でも触れたようにポジション次第かなと感じています。
その辺りを書き留めておきます。ほぼ自戒ですw

自動化が必ずやってくる

既にGoogle、Amazonなど広告の自動化が進んでいるプラットフォームが存在します。
今のところ個人的には精度はイマイチかなと思っています。
ただそう遠くない将来人が不要になるのは間違い無いですね。
それに加えて、プラットフォーマー以外の会社が自動化ツールを作っていて、それがめちゃくちゃ売れています。
例えば、
この辺りは、非常に精度もよく人気の運用ツールですね。
こんな感じで自動化が進めば、他の産業と同様に人が不要になりますね。

コンサルとクリエイティブのポジションでしか食っていけない

そんな自動化が進む広告運用の業界ですが、どうやって生き残れば良いのでしょうか。
個人的には、
  • コンサルティング
  • クリエイティブ
この2つのポジションでしか生き残れないのかなと感じています。
運用はAIが自動でやってくれるので、コンサルの分野として運用結果に基づく戦略の立案、サービス普及の為のKPI設定などが人間が行える分野かなと思います。
あとは、実際に配信する広告のクリエイティブ作成の分野ですかね。
機械で自動で作成した広告もあるんですが、製作物って人間の方がまだクオリティ高いです。
あと、訴求内容(キャラクターとか製品の写真とか)と広告の一体感も人間が作った方が自然でした。
結論、コンサル領域とクリエイティブ領域しか長生きしないなと感じています。
  • Web広告運用のコンサル領域の勉強法
  • TechAcademyのWebマーケティングコース→有料ですがサポート体制が充実していて習熟が早いですね。カリキュラムもしっかりしていてコンサル領域も学べます。

ちょうさ
広告運用の将来性についていかがでしたか?
私はあまり悲観せずに捉えています。
だって、どの業界もある程度機械によって自動化されるもん(笑)
Take it easy ですね。
それでは、See you next time!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事