【テレワークを3年経験した実話】テレワークは環境整備が大切です

ちょうさ
こんにちはちょうさです。2018年頃から2年半以上テレワークをしてきました。
2020年コロナ禍の影響で生活様式がガラッと変わりましたよね。
特に仕事はテレワークが急速に普及し、IT系の仕事を中心に自宅で仕事をする人が増えました。
実は筆者はコロナが流行る前の2018年からテレワークをしていました。
(テレワークという言い方はせずリモートワークって社内では言っていました。違いが知りたい方はこちら
全てオンライン完結の仕事でしたので、商談、MTGは全て自宅から。クライアントに珍しがられました。
毎回クライアントには、
『自宅ですか?』『オンラインで完結できるんですか?』『どうやってテレワークの環境を整えたんですか?』
などなど、質問責めにあっていたのを覚えています。
今ではそんな説明もしなくて済む世の中にはなりましたが、皆さんより少し早くテレワークを経験したので、
テレワークで快適に過ごすためのコツをお伝えしますね。
2018年からテレワークを経験した実体験になるのですが、最初はリビングのソファーや食卓のテーブルで仕事をしていました。
しかし、長時間の作業には不向きで腰が痛くなり生産性がガタ落ちしました。
そんな経験から机と椅子を購入したのですが、しっかりとした机と椅子じゃなかったので腰がさらに悪くなりました(笑)
なぜ環境整備が必要なのかは単純明快で、
  • 生産性が落ちるから
  • 健康を損なうから
この2つの理由に尽きます。
詳しく解説します。

生産性が落ちるから

私の実体験なのですが、リビングのソファーや食卓のテーブルでの仕事はお勧めできません。

 

短い期間であれば問題はないと思うのですが、3ヶ月以上テレワークをするのであればしっかりとした環境を整えましょう。

 

理由としては、集中力が持続しないからです。

 

皆さんの勤務先には、テレビ、漫画や雑誌、ソファーに布団など誘惑するものってほとんど無いと思います。

 

当たり前ですよね。

 

でも、自宅が職場になると誘惑するものがたくさんあります。

 

 

自分で律することができる人は問題ないとは思いますが、人間って基本的に弱いので誘惑に負けてしまうこともあります。

 

当然生産性は上がらず、ダラダラと仕事をしてしまいがちです。

 

 

なので、仕事モードに切り替えのできる環境が大事になってきます。

私は自分の部屋のデスクに着いたら仕事モードなのですが、デスクの周りには何も置かず、全集中で仕事に挑んでいます。

健康を損なうから

ちょうさ
ソファーや食卓のテーブルで仕事を続けた結果、腰痛が酷くなりました。
断言します、リモートワークは確実に運動不足に陥ります。
それに加えて、ソファーや硬い椅子で仕事を続けていたらどうなるか?
確実に足腰を悪くします。
私はリモートワークになってから半年で5キロ増と腰痛を発症しました。
ソファーや硬い椅子で仕事をせずに、しっかりとした仕事用の机と椅子を用意することを強くお勧めします。
因みに私が2018年8月からテレワークをしているのですが、1日の平均歩数は2000歩程です。
3000歩に届く月はありませんでした。
その後、運動をするように心がけ歩くようにしており今では8000歩程まで回復しました。
スポンサーリンク

テレワークの環境に必要なモノ

テレワークを3年ほど経験したのですが、その時にマストで必要なものについて記載します。
  • インターネット環境
  • パソコン
  • イヤホン・ヘッドセット等
  • Webカメラ
これらはマストで必要になります。
その際に気をつけておきたいことも併せて解説しますね。

インターネット環境

言うまでもありませんが、ネット環境はマストで必要です。

 

気を付けたいのが、回線の速度です。

SoftBank Airとかの置くだけWi-Fiみたいなのはきついかもしれません。
MTGでは基本的にZOOMやウェアバイなどのテレビカンファレンスを使用します。
それなりの速度がないと対応できないので、光系の回線をお勧めします。
携帯の大手3キャリアの光回線で、尚且つ上り下りが1Gbpsあれば問題ないと思います。
私はソフトバンク光の上り下りが1Gbpsで契約しており全く問題ありませんでした。
大手3キャリアの光回線

パソコン

PCは基本的に会社からの貸与が多いとは思います。
そこまでロースペックでなければ問題はないかなと思いますが、クライアントとMTGをセッティングした時に、

クライアント
ZOOMがおかしいんです、開きません。
と言われ、あれこれ試行錯誤した結果、『PCにカメラが付いていないことが発覚
爆笑したってことがありました。
こんなPCじゃなければ問題ないと思います。

イヤホン・ヘッドセット

イヤホン・ヘッドセットもマストで必要です。

 

使用していない方もいましたが、PCが拾う音とイヤホンやヘッドセットが拾う音は全く違います。

 

はっきり言って、PCが拾う音は質が悪く、雑音も拾うので聞き取りにくいです。

商談などの時には本当に気を付けておきたいところです。

 

iPhone付属のイヤホンでも充分OKです。

 

 

会社ではLogicoolの安い版で対応していました。

 

私は有線や無線のイヤホンなど紆余曲折したのですが、大事な商談の時に充電が切れたりBluetoothの調子が悪かったりしたので最終的に有線のイヤホンで落ち着きました(笑)

 

【値段も1,200円程なので安いです。品質に拘らない人はこれで充分です。会社ではこれを希望者に配布していました。2020年10月現在はAmazonの方が少し安いです。】

 

【値段は1,800円程です。音質も問題なし、拾う音も問題なしです。個人的には無線より使い勝手が良いです。3年使っていますが未だに活躍中です。】

Webカメラ

先ほどPCのところでも記載しましたが、まれにPCにカメラが付いてない場合があります。
そのようなPCをお持ちの方はWebカメラがマストで必要になります。
あと、社内の女性陣がキレイに映るとか映らないとかで買っている人もいました。
その辺は自由です(笑)

テレワークの環境にあったら便利なモノ

実際にテレワークをやってみて、あったら便利なものをご紹介します。
無くても仕事はできるのですが、あったらめっちゃ効率上がったりリフレッシュできるものばかりなので参考にしてください。
  • 腰に優しいデスクと椅子
  • 部屋でできるストレッチ用具
  • ラジオ

腰に優しいデスクト椅子

ちょうさ
何度も繰り返しになますが、本当に大事です。

 

ソファーや食卓のテーブルに限界を感じて、机と椅子を購入しましたが良いモノを選んだ方が良いですよ。

 

  • 運動不足になるから
  • 腰痛予防の為にも良いモノを選ぶべき

 

理由はこの2点です。

 

お勧めのポイントは、

 

  • デスクはモニターを使用するならL字型が便利
  • コンセントが表面にあるともっと便利
  • 椅子は座り心地とリクライニンがあったら良い

 

価格はアマゾンで15,000円ほど。L字型なのでモニターも置けます。コンセントも付いているのでゴチャゴチャならずにキレイに使えます。

 

価格は16,000円ほどAmazonの方が少し安いです。リクライニングが付いてるので倒すことができます。メッシュで夏場にも良いです。グレードはいろいろありますがこれくらいでも充分座り心地は良いです。

部屋でできるストレッチ器具

テレワークはガチガチで運動不足になります。

精神的にも閉鎖的になってしまうこともあります。

 

 

定期的な運動、リフレッシュは欠かせません。

1番良いのは自分なりの運動・ストレッチ・筋トレをすることです。

 

私はバランスボールを買ってストレッチしていました。

 

丈夫でお洒落だから選びました(笑)

ラジオ

私は無料アプリのradikoを使っていました。
耳で聴くメディアって今再注目されていて、オーディオブック で有名なAmazonのAudible、ながら読書有名なaudiobook.jp個人でラジオ配信ができるVOICYなどがあります。
ラジオの良いところは、
  • 基本的に平日のタイムテーブルは同じなので時間が分かる
  • 仕事をしながら情報収集ができる
  • 新たな発見が多い
特に3つ目ですが、最近のSNSやアプリのニュースでは自分に合わせたニュースや情報ばかり表示されますよね?
レコメンド機能がついていて同じような情報が羅列されます。
別にそれが悪いわけではないのですが、ラジオだと今まで知らなかった・興味のなかった情報が流れてきます。
意外とそれが新鮮で、新たな発見が多くありましたので、ラジオお勧めです。

ちょうさ
以上が3年間テレワークを経験した私の意見です!
最初のうちは平気ですが、テレワークを長く続けると環境整備がめちゃくちゃ大事になってきます。
身体を悪くしない為にも真剣に考えてみてください。
それではこの辺で、See you next time!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事