どちらがいい?ワークアズライフとワークライフバランス

ちょうさ
こんにちはちょうさです。転職エージェントとして3000人程の転職のお手伝いをしてきました。
多様な働き方が生まれている昨今、少しずつ認知されるようになってきている働き方の概念がワークアズライフです。
ワークアズライフとは、仕事とプライベートの区別をせず、寝ている時間以外は仕事と趣味であるという働き方の概念のことです。
一方で、混同されがちなワークライフバランスとは、仕事と生活の調和のことで仕事と生活を完全に切り離しそれぞれを充実させようという考え方のことです。
ワークアズライフは、落合陽一さんが提唱した考え方で、多様な働き方が生まれた最近の社会に適した考え方であると言われています。
寝ている時間以外全て仕事と言われるとブラックに捉えられるかもしれません。
しかし落合さんは、『大好きな研究に没頭すると12時間くらいすぐに過ぎてしまう。』とテレビで語っていました。
これがワークアズライフの本質で、長時間労働そのものが悪い訳ではなく、やりたくないことを長時間やることによる”精神的・肉体的ストレス”が悪だと語っているのです。
本章ではもう少し深掘りしてワークアズライフの魅力を考察してみます。

 

 

先ほども触れましたがワークアズライフとは、仕事とプライベートの区別をせず、寝ている時間以外は仕事と趣味であるという働き方の概念のことです。

落合陽一さんが提唱した働き方の概念です。
この概念の背景には、
  • 多様な働き方が生まれた
  • 価値観も多様化した
このことが考えられます。
YouTuberやインスタグラマー、フリーランスの人なんかはワークアズライフ的な働き方をされている人が多いです。
ワークアズライフについて深掘りして考察してみます。

ワークアズライフの意味

work as life 直訳すると、仕事を人生として捉えるって感じでしょうか。
先ほども説明した通りで、寝ている時以外仕事って考え方です。
実はこれ以外にも使われ方があって、
  • 場所的ワークアズライフ…職場と自宅の垣根がないリモートワーク
こんな感じで使われたりもします。

ワークアズライフの働き方とは?

ワークアズライフは、長時間働いていてもストレスを感じず苦ではない仕事、もっと言うと大好きな仕事で寝ている時間以外没頭できる仕事です。
落合さんが研究をしたり、YouTuberのヒカルさん、ラファエルさんがやっているような働き方ですね。
好きを仕事に』ってフレーズが流行りましたが、仕事に対するネガティブなイメージが払拭され、ポジティブなイメージが生まれたのもワークアズライフという概念を後押ししています。

ワークアズライフの魅力

こちらのツイートをご覧ください。

 

 

ワークライフを突き詰めれば、

 

  • ストレスが少ない
  • やりたくない仕事はやらなくていい

 

こんなことが実現できます。

ワークライフバランスとの違い

1番の相違点としては、仕事とプライベートを区別するかどうかです。

ワークライフバランスとは、仕事と生活の調和のことで仕事と生活を完全に切り離しそれぞれを充実させようという考え方のことです。
仕事とプライベートを分けたところで、やりたくない仕事を継続していたらストレスがかかります。
やりたくないことを長時間やることによる”精神的・肉体的ストレス”が悪だという考え方のワークアズライフとは大きな違いがあります。

なぜ今ワークアズライフが注目されているのか

なぜ、今ワークアズライフが注目されているのでしょうか?
それは色々な働き方や価値観が生まれ、働く意義が変わってきているからです。
今までなら、嫌なことも仕事だから仕方がないというのが一般的でした。
しかし嫌なことで人生を無駄に浪費するより、好きなこと・楽しいことで人生を充実させた方が幸福度が高いと気付いた人が多くなったからです。
また、テクノロジーの発展で働き方が多様化し、誰でもいつでもスマホやパソコンで発信することが可能になりました。
テクノロジーがワークアズライフ的な働き方を可能にしたのです。
スポンサーリンク

ワークアズライフを実現しやすい職種とは?

情熱大陸を観てよく思うのですが、芸術家やクリエイターの方は完全にワークアズライフ的な働き方です。
先日の情熱大陸では、写真家の方が取り上げられていました。
寝る以外は全て写真のことで生きていました。
毎日写真の事ばかり考え、何時間働くとか何時間休憩をとるという概念が全く無く、『納得するまでやる
こんな感じで働いていました。
まさにワークアズライフです。
何もIT系に限らず、ワークアズライフ的な働き方は手に入るのです。

ワークアズライフを実現しやすい職種

  • クリエイター
  • 小説家・作家・漫画家
  • 芸術家
  • YouTuber
  • 農家
  • フリーランスの人
こんな感じかなと思います。
基本的に会社に雇われず、個人で仕事をしている方はワークアズライフ的な働き方に近づいていくと思います。

ワークアズライフは実現可能なのか?

  • クリエイター
  • 小説家・作家・漫画家
  • 芸術家
  • YouTuber

    ちょうさ
    正直こんな職業って一般の人には無理じゃん。。
    私もそう思っていました。
    しかし、これらの仕事をしている方も初めは素人です。
    最近では情報も簡単に手に入るし、成功している人との違いはやるかやらないかだけです。
    結果的にワークアズライフバランスを実現したいと思ったら、努力と行動を続けるだけですね。
    いかがでしたでしょうか?
    今回はこの辺で、See you next time!!

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事